スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフィリエイトの種類とASPについて

大きく分類すると3種類に分かれる


ここでは、アフィリエイトで扱う商材とASPの関係、報酬の発生するシステムの関係を基に大きく3つの種類を紹介したいと思います。



1、物販アフィリエイト


物販アフィリエイトは「商品の販売・契約」「資料請求」などを取り扱うASPへ登録し、自分のサイトなどで紹介するものです。

現在はASPの取り扱う商材も豊富で、「プロバイダ契約」や「引越し申込み」「車買取・査定」など色々あります。
ネットビジネス参入者の多くが選択するアフィリエイトが物販アフィリエイトではないかと思います。

取扱い商品が豊富な分、何を紹介するかを選択するのが難しい面もあり、失敗する人の多くは紹介用のサイトなどのコンセプトを定めず、商品を絞り込みしないために、集客が思うように進まない傾向があります。

但し、やり方次第で商材が多い分、大きな利益にも勿論繋がりますし、成功者も沢山います。



2、情報商材アフィリエイト


情報商材アフィリエイトは、実際にある物品を売るのではなく、様々な情報やダウンロード商品を販売する手法です。
情報商材の販売価格は無料のものから数百万円するものなど幅広く、中には値段のわりに、とても有益とは言えない情報もあります。

安全に稼ぐ為には信頼のおける大手ASPへ登録することをお勧めします。
大手の運営会社は、商材の審査が厳しく、詐欺的な商材などは簡単に販売することができないからです。

形のないものに高額の価格設定がされていたりしますので、大きな成果を出すには物販アフィリエイトと比較するとハードルが高いと言えます。



3、AdSense(アドセンス)


AdSenseは広告がクリックされるだけで報酬が発生しますので、紹介している3つの中では、最も簡単に稼ぐことができると思います。

最近はブログやホームページに利用する方もだいぶ増えて着ました。但し、1クリックあたりの報酬単価は安く、報酬の合計が1万円以上にならないと現金化できません。

ですから、サイトのPV数が低いと、いつまでたっても現金化できないと言う可能性もあります。

アフィリエイト初心者の方が、アフィリエイトの仕組みに慣れると言う意味ではお勧めします。

サイト運営が起動に乗り、1日のアクセス数が数千~数万になってくるとそれなりの報酬も見込めますので、収益源として活躍できるでしょう。

PV数が多くなってくると、広告主と特別契約などもできるようになります。





それぞれの種類に特化したASPを選択する


アフィリエイト初心者の方は、大手のASPを選択することをお勧めします。

自分がどのようなアフィリエイトの種類で稼ぐのかを決めたら、物販アフィリエイトであればそれに特化した大手ASP、情報商材アフィリエイトであればその商材に特化したASPと言うように選んでいきましょう。

また、一つのASPだけへ登録するのではなく、同類の商材を比較したり、報酬単価を比較したりする意味でも評価の高い幾つかのASPへ複数登録することをお勧めします。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。