スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッチなテーマが大きな狙い目となる

ニッチなテーマで本当に稼げるのか?


「ニッチなテーマが狙い目」と言われても、ニーズの少ないテーマを選択して本当に稼げるのか?と不安に感じる人も多いと思います。

しかし、今や日本のインターネットの普及率は80%に迫る状況で、たとえニーズがあまり多くないテーマだとしても、日本全国のニーズを集結すれば、ある程度のニーズを形成する事ができます。

逆に、人気の高いテーマでは、競争率が高く既存のサイトがひしめき合っていますから、初心者が参入して検索上位表示を目指すのは容易なことではないのです。

また、ニッチなテーマには成約率を上げる効果もあります。

ニッチなテーマを検索する人は、収集したい情報をピンポイントで探していることが多いので、そのジャンルに熱心なユーザーである可能性が高いのです。

つまり、既に強い興味を示しているユーザーを集客する事ができる分、自ずと成約率は高まるのです。





人気テーマの隙間を突く


ニッチなテーマが狙い目と言っても、明らかにニーズのないテーマを選んでは意味がありません。

なぜ、ニッチなテーマが大きな可能性を秘めているかと言うと、人気のテーマの隙間を突くからなのです。

例えば、ネットビジネスに関連するサイトを見てみると、「誰でも稼げるネットビジネス」「楽に稼げるネットビジネス」「簡単に稼げるネットビジネス」的な「誰でも」「楽」「簡単」とネットで稼ぐことを組み合わせたテーマをよく目にします。

よく目にすると言う事は、いわゆる人気のテーマと言うことです。

これを、「誰でも」「楽」「簡単」を逆の発想に置き換えて、「学んだ分だけ稼げるネットビジネス」や「努力で必ず稼げるネットビジネス」のようなテーマにしたらどうでしょう。

ネットビジネスをテーマにしている事は同じなのですが、人気のテーマには多くの「楽に稼ぐ方法」探している人が集まるでしょう。
しかし、効果的に集客できるのは、高い競争率を勝ち残った限られたサイトのみです。

一方、発想を置き換えて決めたテーマには、「本気でネットビジネスで稼ぎたい」「本気でネットビジネスを学びたい」という人がサイトを訪問するはずです。

検索する人の数は人気のテーマに比べれば多くないでしょうが、サイト訪問したユーザーは強い意思で私達が望む何らかのアクションをしてくれそうです。

そして、サイトを検索上位に表示させることも、人気のテーマに比べれば簡単なはずです。


更に、このようなテーマに沿ってコンテンツを作成していくこによって、他のネットビジネス関連のサイトと差別化を図ることもできるのです。


オリジナリティーの高いサイトを構築する事は、サイト運営を成功させる為のポイントの一つです。

安易に人気や聞きなれたフレーズだけでテーマを決めるのではなく、これからのサイトの方向性を決める大切なものである事を十分理解してテーマを決めるようにしましょう。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。